MoreBeerMorePower

Power Platform中心だけど、ノーコード/ローコード系を書いてます。

Power Automate における JSON Schema の応用テクニック

はじめに この投稿はPower Automate Advent Calendar 12/6 用に書いたものです。 Power Automateを使っていると、"JSONの解析"アクションは結構よく使います。 多くのケースでは、前段のアクションで得られるデータを動的コンテンツとして利用するためで、HT…

Power Automate/Logic Apps で HTTP 応答でファイルを返す場合のファイル名を指定する

Power AutomateやLogic AppsではHTTP応答のアクションを使う場合、単純なJSONのデータだけでなくファイルを返すこともできます。 例えば以下のように、SharePointのドキュメントライブラリからファイルコンテンツを取得して、応答の本文にそのまま入れてあげ…

Power Automate/Logic Apps の HTTP トリガーでURLパラメータを取得するには

いつも忘れるので備忘録です。 Power AutomateまたはLogic AppsのHTTPのトリガー(HTTP要求受信時にフローが実行される)を利用するときに、URLパラメータを使うことがよくあります。 例えばユーザー情報を乗せて &user=hiro_example.comのようにしたり、ある…

SharePointでダウンロードカウンター的なものを作ってみた

【2022/10/31更新:パターン3を追加】 SharePointで作った社内ポータルでファイルを提供する際に、ダウンロードした人の記録をとりたい/どれくらいダウンロードされたか知りたいという要件があったのでPower Automateを駆使して作ってました。 パターンを2つ…

【新機能】 PDF関数で Power Apps からPDFを作成する 【日本語対応!?】

【2022/10/12 部分的な日本語対応を確認したので更新】 Power Appsの最新 Authoring version 3.22094.7 で試験的な機能として "PDF function" が追加されました。 これまではPrint関数を利用することでキャンバスアプリの画面を印刷、PDF化していましたが、…

似て非なるアクション "Turn On/Off Flow"と"Update Flow"

ちょっとした違いがあったので、備忘録です。 Power Automate のコネクターには "Power Automate Management"というものがあります。 フローを一覧したり、フローの所有者を追加したり、フローの作成・削除・更新などができるアクションが含まれています。 …

Named Formulas in Power Apps

Named formulas, one of the featured Updates in 2022 Release wave 2, is finally available. docs.microsoft.com The feature requires that Power Apps authoring version is greater than 3.22091.8, and currently it is experimental feature. Named …

Convert JSON data in Power Apps without Premium license

So far, since Power Apps has not supported the parsing of JSON objects or arrays, makers have been utilizing (somewhat complex) Regex techniques or premium action of Power Automate to handle the data in Power Apps. Refs: Power Apps Validat…

Microsoft 365 グループの表示名をもとにグループのメールアドレスを表示するフロー

Teamsなどでグループを作成すると、そのグループにはメールアドレスが割り当てられるのですが、日本語でグループを作ったりするとメールアドレスが "msteams_xxxx@contoso.com" みたいに推測不可なものになります。 探せないことはないのですが、普段使わな…

SharePoint の ハブサイト構成を Power Automate を使ってCSV出力する

ハブサイトとそれぞれのハブサイトに関連付けられたサイトの一覧取得するフローです。 SharePoint管理センターでも同様の一覧を "Active sites" のメニューからダウンロードできますが、ここの一覧はどうもハブ-ハブの親子関係をうまく反映してくれてないよ…

Power Automate の 日付書式を調べてみた (夏の自由研究)

夏の自由研究はPower関係で何かと思っていましたが、ちょっと日付のフォーマット指定について疑問に思ったので、調べてみた結果を書いていきます。 いつもは yyyy-MM-ddとか、HH:mm:ssとかしか使わないのでね。いい機会です。 Power Automateで日付・日時の…

Save new canvas apps inside Dataverse solution by default (New feature)

Currently, to add an app to a solution, you must either manually add the app you created in the environment or select the solution and create a new app. In a default environment, this is a natural operation, but in other (more purpose-buil…

Power Automate で 複数 (N個) の配列を1つにまとめる方法

ちょうど前回投稿したSharePointサイトのメンバー一覧のところで、複数の配列を一個にまとめあげる操作が出てきました。 このようなシチュエーションって結構あるんですが、Power Automate上での実装としてはいくつかパターンがありますね。 ということで、…

SharePoint Online の チームサイトで グループメンバー以外のサイト共有先を一覧化する

はじめに SharePoint Onlineのチームサイトは基本的には 接続された M365 グループ のメンバーを通じてサイトに対する権限が付与されますが、サイト単独でユーザーやグループに共有することも可能です。 サイト共有を行うと、グループメンバーではなく、サイ…

SharePoint Online の チームサイト に接続されている M365 グループの情報を Power Automate で取得する

SharePoint Onlineのチームサイトを管理する際、サイトオーナーやメンバーを取得するために接続されているグループのIDが欲しかったんですがUIから取れなさそうだったのでPower Automateを使いました。 今回はその際に使った方法を残しておきます。 Power Au…

指定時刻で実行されるフローの構築パターン

Twitterでたまたま見かけたツイートに対して、考えられるフローのパターン2種を解説します。 課題としては 「9:00と17:30」みたいに、分の値が違う二つの時刻を設定できないだろうか? というものでした。 スケジュール実行フロー このような指定した時刻に…

Teams の新しいトリガー "From the compose box (V2)" / "For a selected message (V2)" が便利!注意事項もあり

結構前から追加されていたこのトリガーたち、本来の有用性に気付かぬまま今に至っていました。 From the compose box, For a selected message はいずれも、Adaptive cardを利用して Teams のチャットスペース上でフローを任意のタイミングで実行できるトリ…

(不)定期にあるイベントの前営業日に通知を送る

月末月初とか毎月8日とかそういう固定の日付ではなく、ちょっと変動する日付で定期的に来るイベントについて、前営業日に通知を送る場合のPower Automateのクラウドフローです。 意外と探すとドンピシャな内容は出てこないんだけど、エッセンスとしては使い…

Form Recognizer v3.0 API を Logic Apps/Power Automate で利用する

はじめに 名刺をアプリやフローで解析して連絡先に自動登録したい! というような要望があったとします。 Power Platform なら AI Builder の 名刺リーダーがありますが、まだ日本語サポートされていなそうです。 Logic Apps でとなると、 Form recognizerを…

実行専用のアクセス許可で直接権限を持たないリスト・ファイルを読み書きする

Power Apps で何らかのデータソースを利用してアプリを作成する場合、よくある要望に『データには利用者に直接アクセス権限を与えたくない』というものがあります。 例えば人事情報など、利用者にはデータの一部を見せたいけど全体にアクセス権を与えられな…

Power Automate で JSONの値を取得する 3 (+1) の方法

もういろんな方が書かれている内容だと思いますし、私も部分的に一度書いていますが、知識もアップデートされているので改めて纏めようと思います。 JSONオブジェクト内の値を取得する場合、Power Automate でよくやるのは 対象を "JSONの解析" アクションを…

CData Connect Cloud と Dataflows を利用した Dataverse への 外部データ取り込み

はじめに CData Connect Cloud 関連 6回目の投稿は Dataflows です! Dataflows は、いろんなサービスに散らばっているデータを Dataverse に集約するための機能で、さまざまなデータソースからDataverseへのデータ加工・取り込みを可能にします。 Power App…

Power Automate for desktop から CData Connect Cloud に接続して 複数 SaaS のデータを取得する

CData Connect Cloud に夢中の私です。 今回は Power Platform の中でRPAを担う Power Automate for desktop から、CData Connect Cloud に接続してみます。 初手でハマってしまい、2日くらいウンウンうなっていたので、同じことしようとしている方の参考に…

Figmaを利用したPower Apps キャンバスアプリの作成

2022の Microsoft Build で大々的にアナウンスのあった Power Apps のExpress Design では、Figma でデザインしたアプリを実際の Power Apps 上で再現 (デザインのインポート) することができます。 Express Designのまとめについては 向井さん のブログをご…

Google Apps Script から CData Connect Cloudに接続してみる

できそうなことは一通りやってみる! Google Apps Scriptではもともと組み込みのJDBCサービスを通じてSQL Serverに接続できるようなので、SQL Serverに接続できるならばと CData Connect Cloudに接続してテーブルの行数取得のテストをしてみました。 参考に…

Power BI Desktop から CData Connect Cloud に接続する際ハマったポイント(備忘録)

CData Connect Cloud では Power BI Desktop も接続可能なクライアントに含まれています。 cloud.cdata.com 今回は Power BI Desktop から CData Connect Cloud に接続した際に設定面でハマったポイントを記録しておきます。 なお、前提として使用した環境は…

Logic Apps で CData Connect Cloud を利用して Kintone のデータを取得する

前回の投稿では、 Power Apps から CData Connect Cloud を利用してGoogle Analytics のデータを取得する方法を簡単にご紹介しました。 非常に簡単に、SQL Serverコネクターを利用してデータ取得ができるので、もう少しいろんなクライアントから呼び出してみ…

CData Connect Cloud を利用してGoogle Analytics のデータを Power Apps から取得する

はじめに 本日リリースされました、CData さんの CData Connect Cloud を使って Google Analytics から Power Apps にデータを引っ張ってきてみましたので、その方法をご紹介します。 お知らせ✨クラウドデータ接続『CData Connect Cloud』を新たにリリースし…

SharePoint リストを Dataverse の Virtual Table として追加する

はじめに Virtual Tableは外部データをあたかもDataverseのテーブルであるかのように扱える機能で、非常に雑に言えばコネクターを使って取得される外部データの結果をテーブルのように見せている仕組みです。 物理的なDataverseのテーブルを作成するDataflow…

Adaptive cardを利用したフローの設計パターンを変える新トリガーのご紹介 "When someone responds to an adaptive card"

トリガーの概要 新しいトリガー "When someone responds to an adaptive card"では、Teamsに投稿したAdaptive Cardの入力フォームからのデータ送信をきっかけとしてフローの実行が可能になります。 ユーザーの入力を受け付ける場合、これまでは "Post adapti…